★アメリカンコッカースパニエル★
コッカーグッズ わんちゃん雑貨 ハンドメイドなもの
作っています。ショッピングページはこちらから↓
http://vipshop.cart.fc2.com/
愛犬の名前はドニーっていいます。
←ホームページへは左のバナーからどうぞ♪

2014年12月11日

男性の背中に酔いしれる楽譜をGetしたよ〜★ お部屋deピアノBAR★ かじかむ手の対処法

ペンお仕事の方は締め日を挟んでいすデスクワークしておりましたので
プライベートタイムの音楽音楽お話でも読んでいって下さいませ。

1DSC04438.jpg
上12月に入りましたので、雪季節限定の選曲でクリスマスクリスマスソングなど交えて
ピアノ練習しています。
家暖房のお部屋でも、ピアノからは冷気が漂ってきます顔(え〜ん)
手(パー)手がかじかむ顔(え〜ん)季節になりました。

ピアノを弾く手手(パー)はストーブやエアコンの暖房の空気で手(パー)表面上をあたためても
なかなか復活しません。ホネ骨の芯まで温めないと手(パー)動きが鈍ります。

Moppyがいつもしている手っ取り早い方法は手(パー)いい気分(温泉)手入浴です。
たらーっ(汗)水道の蛇口をひねってお湯をジャーっ霧と出して手(パー)手を温めると
10秒〜15秒でホネ骨の芯までいい気分(温泉)あたたまって動きがよくGoodなります。
ピアノを弾く前に手(パー)いい気分(温泉)必ずやっています。

雪冬場は鍵盤が冷たいので、手(パー)手袋をはめて弾いてみたこともあります。
指なしでも指あり手袋でも弾けますが、いろいろな種類を試してみた結果、
手(パー)手袋をはめることはおすすめしないBadです。
温かくて快適なのですが、弾いているうちに手(パー)手袋の繊維
鍵盤の上に落ちていくからです。
これなら大丈夫そうGoodと思う素材でも案外繊維が散っていくものです。
白い鍵盤の上にカラーの手袋をするとよくわかります。
サーチ(調べる)1ミクロンとかとってもとっても小さなものですが、
毎日それが鍵盤の間などに落ちていくと
ピアノの中でほこりになって音に影響してしまうので、
冷たくても手(パー)素手で弾くのが一番Goodです。

1DSC04703.jpg
上NEW新しく本楽譜を手(グー)Getしました。
フランクシナトラ様の「My Way」です。
(作詞:ポールアンカ様 作曲:クロードフランソワ様・ジャックルヴォー様)

年末になるとMoppyはMy Way耳聴きたくなります。
すごく尊敬できる素晴らしい伝説の上司がいたのですが
よくカラオケカラオケに連れて行って下さってこの曲をカラオケ歌って下さいました。
男性が男性についていきたくなる程の、ほれぼれするいい背中をお持ちの方に
この曲をカラオケ大熱唱されたらぽ〜〜っ顔(メロメロ)と放心状態になっちゃいますよねるんるん

音楽譜面を目たどってみるとメロディーの変化は少なめで
どちらかというとシンプルで音数が少ない作りなのですが
カラオケ歌う方の包容力のオーラを全開に引き出すぴかぴか(新しい)魔法がかかる
魅力たっぷりるんるん色気たっぷりるんるんのかっこいい曲Goodだと思います顔(メロメロ)

1DSC04708.jpg
上この本楽譜のアレンジでは、1音の音符に対して
ピコ〜ンるんるんピコ〜ンるんるん寄り道の技を入れて主旋律をぴかぴか(新しい)飾り付けてあります。

1DSC04709.jpg
上My Wayは多くの方がカラオケカバーされていますが、
この本楽譜はピアニストのRichard Clayderman様バージョンです。
リチャードクレイダーマン様の弾かれた音楽スコアと
全く同じ譜面になっています。
YOUTUBEの映画動画は下こちらです。
(参考にリンクさせていただきました)
http://youtu.be/XH0v1ou9_o0


ピアノソロの場合一人で、伴奏と主旋律の両方を弾きます。
演奏において、伴奏主旋律の音量をグッド(上向き矢印)上回らないことが鉄則です。
なのでピアノソロを弾く時は右手と左手の音量差演劇をつけながら弾きます。

手(パー)左手の伴奏領域というのは、音が低い分、演劇音量が上がりやすかったり
足ペダルの使い方によってはにごりやすかったり
速く弾く時ダッシュ(走り出すさま)には力が入って演劇音量が上がりやすいグッド(上向き矢印)ものなので
しっかり音を聴いて耳、思っているよりも手(パー)手(パー)両手に差をつけないと
伴奏側の演劇音量がグッド(上向き矢印)上がってしまいます。
(ピアノの性質上、右の高音はそれだけ音量が軽いのです)
主旋律を際立たせるのはピアノ演奏の基本ですが
手(パー)手(パー)両手の音量差演劇のつけ方は人によって違います。

リチャードクレイダーマン様の映画演奏動画を目見て
伴奏ラインの左手の演劇音量の抑え方がすごいexclamation×2
とまず一番に思いましたよ。
たぶん右手一本で音の強弱をつけて
伴奏の左手安定の音量演劇キープで演奏されているので
特にサビの部分では手(パー)手(パー)両手の音量差演劇
かなりつけておられるように思いましたClap

My Wayの曲は主旋律が大変ゆったりしたバラードなので
その分、間にフィルinで音符の飾り付けをいっぱい入れて
ぴかぴか(新しい)きらびやかなアレンジにしたくなっちゃうんですよね。
Moppy好み顔(メロメロ)アレンジで弾いておられる方を目見つけちゃいましたるんるん
こちら下映画動画です。(YOUTUBEお借りしました)
http://youtu.be/nWd2gHHJc6c

上グリッサンド寄り道の装飾音符アルペジオなど入れた
キラッキラぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)煌びやかなアレンジにしてあって
家お部屋deピアノBARバーに似合いそうでハートたち(複数ハート)気に入ってしまいました顔(メロメロ)

また参考にしながらアレンジの小細工を加えて練習したいと思いますが
来年の宿題になりそうです。

1DSC04506.jpg
上今夜はプレゼント差し入れのバーフランスワインをあけましたClap
とっても飲みやすかったですアリガト

こちらにパソコン訪れて下さった皆様とも乾杯バーバー
まだ仕事納めには早いですが、今日パソコン訪問して下さった方にキスマーク
「今年一年お疲れ様でございましたバーバー




コッカーグッズと犬雑貨のお店→アメコカ州コッカ村

皆様のブログにも↓こちらから遊びに行ってみて下さいね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ご覧頂ありがとうございます。

ニックネーム Moppy at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする